プラセンタっていったい何なの?

プラセンタは美容やアンチエイジング成分とてう有名になっていますね。
そんなあなたは、プラセンタの本来の意味をしっていますか?

 

 

プラセンタとは、英語やフランス語での呼び名で、
日本語では『胎盤(たいばん)』を意味します。

 

実際に使われているものは胎盤といっても胎盤そのものではなくて
胎盤から細胞の成長因子を抽出したものです。

 

 

胎盤は基本的に、1つの受精卵が赤ちゃんになるまで育てられる器官であるため、
哺乳類(ヒト、牛、豚、羊、馬など)だけ存在します。

 

ヒトの命は、わずかひとつの受精卵から始まります。
ひとつの受精卵は、約10ヵ月という短期間で60兆個の細胞を持つ胎児に成長します。
この器官、細胞分裂を繰り返し、様々な組織や器官に分化する役割を果たすのが胎盤なのです。
また胎盤は、赤ちゃんを保護する働きだけでなく、老廃物の排泄作用や、酸素や栄養分などを届ける大切な器官でもあるのです。

 

ヒト以外の哺乳類は出産後には胎盤を食べると言われています。

 

このように胎盤にはとても多くの栄養や細胞を成長させる栄養素が含まれている
「栄養の宝庫」と言えますね。

 

 

 

 

 

 

    どのプラセンタが一番いいの?